202 (New Mix)

ラブリーサマーちゃん / 泉まくら
墙上的苔藓铲除了么?烟缸里的灰尘积满了吧?厨房里发芽的土豆,衬衫上的香水味,还有你走的时候在门上留下的脚印,都没有带走吧。

作曲 : ラブリーサマーちゃん/泉まくら
作词 : ラブリーサマーちゃん/泉まくら
202号室さようなら
202号房间,永别了。
この部屋の春の匂いも
里面的春天气息
思い出になるでしょう
也已化成回忆了吧
二つ並んだ歯ブラシ
并肩而立的牙刷
私には大きすぎるTシャツ
对我而言过大的T恤
シェーピングフォームも
还有这剃须泡沫
使えないから
反正都不能用了
燃えるゴミに出そう
就扔到可燃垃圾里吧

甘い苦い辛い酸っぱい
酸甜苦辣
色んな気持ち味わって
五味杂陈
昔より少し丸くなったよ
比起以前更胖了
だんだん好きになって
渐渐变得喜欢的
どんどん駄目になった
却慢慢变得没用的
君のお下がりの毛布が
你给的旧毛毯
暖か過ぎたせい
都怪这过于暖和的天气
青い日々が
晴朗的每一天
いつまででも
不知还会

続くなんて思っていた
持续到何时
幼すぎる私たちに
幼稚无比的我们
降る土砂降り
在这倾盆大雨
酷い目眩
眩惑迷离

足首までの深さ
陶醉其中
安心してはしゃいでいた
无忧无虑地欢闹
分かりやすいしぐさで
拙劣的演员一般
いつもカワイイふりをしていた
总是假装着可爱

泡になって消えようと
将要归于泡影般
ありったけの熱量で
用尽全部的热量
君を見たこと
看见了你
そんなのに限って簡単には
只是不要如此轻易地

バレないんだもんな
揭穿我
いつまでたっても
不知到了何时
譲れなかった自分のものさし
我毫不退让的态度
退屈になっちゃって
沦为了厌倦
二人して投げたさじ遠く遠く
两人随意的琐事逐渐远去
もうあの甘いのも掬えない
再也找不回那份甜蜜
向こうで待つ新しい背景に
从今以后等待的某人
君を重ねることもない
再也看不到你的影子
なのに思い出すのは同じ日
然而回忆起的还是同一天
明日はどこで
将来的某地
誰の夢を見ているだろう
又会梦见谁呢
私たちは
我们
水に濡れたロウソクみたい
就如同被水沾湿的蜡烛
さようならすら言えないまま
连句再见也没能说一声

あっけないんだね
太没意思了
こんなことって
这种事情
どっかで分かっていたなら
假若在何处能相知

歌ってあげるさよなら
便为你唱首送别之歌

今更だけど隠さずに
事到如今已无法遮掩
不思議と響くナチュラルに
在这不可思议的大自然影响下

ぬるい日差しに騙されて
被这暖阳所欺骗
段ボールに何を詰めた?
小纸箱里要塞进什么呢
この街には帰らないよ
再也不回到这地方了
帰れないよ
不回来了
悪い夢から醒ましてよ
从恶梦中醒来吧

条回复

路人甲

gofuk